« だいたひかる氏が言うところの「余計なお世話ですが…」 | トップページ | いつの間にか »

意外に人気だった?

 NHKの夜11時台に放送されている「もっと恋セヨ乙女」。「恋セヨ乙女」の続編になる。僕は前作を観て、個人的には楽しめたけれど正直言ってそんなに人気が出るような作品ではないな、と思っていた。それなのに、続編。ひょっとして、案外人気があったの?
 主人公は真中瞳さん。好きなシーンは、友達役の佐藤藍子さんと酒井若菜さんとの3人でのおしゃべり。妹役の山口あゆみさんもいい。そして、今回一番のハマリ役は、前作には登場していなかった吉澤ひとみさん。何といえばいいのか、普段のキャラクターそのまんま。演技を感じさせない。というより演技だと思っていない? …というのは失礼だとしても、見事に入り込んでいて、前作からいたような雰囲気を持っている。
 で、ストーリーは、4話で1週、週ごとに違う男性が現れて、真中瞳さんが恋に落ち、そして… ここから先は見てのお楽しみ。あ、ちなみに僕は金曜日の放送をビデオに撮ってまとめて観てます。

(06/02追記)
 番組HP(同時間帯のドラマのアドレスなので、放送終了後は変わると思います)
http://www.nhk.or.jp/23renzoku/

|

« だいたひかる氏が言うところの「余計なお世話ですが…」 | トップページ | いつの間にか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外に人気だった?:

« だいたひかる氏が言うところの「余計なお世話ですが…」 | トップページ | いつの間にか »