« もしも、今僕が10代前半で、ネットを使っていたら | トップページ | 囲碁と私(はじめに) »

笑顔って

 色々な方が「笑い」をテーマに書かれていて、それに釣られてつらつらと。

 マクドナルドのレジには、店員の目に入るように「スマイル」という文字がある。
…これは3へえくらいでしょうか。
というわけで本題。

 「笑顔が素敵」という言葉から、どんな時の笑顔を想像しますか? mkさん
>>みんな練習してんの?
と書かれているように、普段からの心がけが大切なのかなと思ったり、nobukoさんのように
>>私は、人から『なんで笑ってるの?』なんて言われるくらいいつも笑顔っぽいです。
という自然体の人もいる。共通しているのは、多分、日常の中のごくありふれたシーンでの笑顔であるということ。
 僕にとっては「笑」という文字はどうしてもお笑い・演芸の意味になってしまう。学生の頃は寄席に何度も行っていたし、…と書いていたらまた行きたくなってきた。そんな僕が笑っているのは、日常よりも落語や漫才を見て大笑いしている時、ということになるのかなあ。
 けろちゃんが書いていた、
>>「笑うこと」というのは、科学的に人間にとってとても大事なこと。
 これと似たようなことを、寄席で噺家がよく言っている。「笑うということは健康に非常にいいことで…」というマクラは結構耳にする。そうだ、大笑いだ、と自分に言い聞かせてみる。寄席に来ている客の間に成り立つささやかな共通理解。その狭い空間の中では、みんなが「素敵な笑顔」ということになる、ということにしておこう。無理やりだけど。

 でも、その空間以外では、「笑顔が素敵」なんて一度も言われたことがない、それは素敵じゃないから、よって仕方ない。でも、ないものねだりでも何でも、とにかく羨ましい。
 ウソ泣き、ウソ笑いで書いたとおり、僕の場合は囲碁の対局中の苦悩の表情の方が周囲の印象に残っているようで。でも、zinさんが書かれている、
>>元々、笑いってのは緊張のあと、
>>緊張状態が解除された事を仲間に知らせるために生まれた情報伝達手段である模様。
これは対局後の僕の姿そのもの。元々の笑顔に近いこの状態が素敵じゃないのなら、諦めるしかない、か。

|

« もしも、今僕が10代前半で、ネットを使っていたら | トップページ | 囲碁と私(はじめに) »

コメント

こんにちは〜TBありがとうございます!
普通、人に面と向かって「笑顔がすてき」なんて,思ってても多分いわないでしょうから,言われなくても気になさらなくってもいいと思いますよ〜!
寄席にいってらしたなんて、なんかおしゃれですね。
先日いとし師匠の方でしたっけ,なくなられたの,その時に,いとしこいしの古い映像を見て,7歳の娘が凄く楽しそうに笑っていて,その姿を見て私もとてもうれしくなりました。一緒にいる人が笑ってくれるのって,幸せですよね〜

投稿: けろちゃん | 2004.06.13 21:03

 コメントありがとうございます。 …無理してフォローしていませんか?(笑)

 大御所が次々とこの世を去り、生でその芸を見ることができなくなるのは非常に残念です。でも、7歳のお子さんがいとしこいし師匠を見て笑っているのは素晴らしいことですね。
>>一緒にいる人が笑ってくれるのって,幸せですよね〜
 その通りです。というわけで、寄席デートなんてこともしましたよ。僕だから連れて行ける場所、ということで。いや、いわゆるデートスポット系は僕が全然ダメだからです…

投稿: ひざがわり | 2004.06.14 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔って:

» 「笑う」ということ [*footprint**heartprint*]
mkさん から波及して、nobukoちゃん やzinさん が書いているので 私もちょっと「笑う」ということに、ちょこっとかいてみようかな、と。 私のベアのブランド名は "smiles a lot" です。 [続きを読む]

受信: 2004.06.13 21:06

« もしも、今僕が10代前半で、ネットを使っていたら | トップページ | 囲碁と私(はじめに) »