« 笑顔って | トップページ | サイト名消滅? のピンチ »

囲碁と私(はじめに)

 ちまさんによれば、『ヒカルの碁』は各国版が出ているとのこと。すごいなあ。囲碁を打つ私から考えてすごいということは、囲碁を知らない人には想像がつかないのかもしれない。
 囲碁の世界大会でも、依然東アジア勢が強いものの、参加国数も増え、囲碁の広がりを実感できる。そう考えれば、各国版が出るのは自然な流れかもしれないけれど、やっぱりすごいと思ってしまう。

 ここを読んでいる人の中には、「ひざがわり」=「囲碁」と思っている人も結構いると思うけれど、囲碁を始めたきっかけなどを話したことはほとんどないような気がする。子供の頃のことをどこまで憶えているか自信はないけれど、20年以上の囲碁歴があればそこそこはスペースも埋まるはずなので、囲碁と私について書いていこうと思う。

 次回は、囲碁を始めたきっかけを。比較的珍しいパターンだと思う。

 に続く。

|

« 笑顔って | トップページ | サイト名消滅? のピンチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32588/813120

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁と私(はじめに):

« 笑顔って | トップページ | サイト名消滅? のピンチ »