« 検査目的の献血はいけないことです | トップページ | 囲碁と私(2) »

パソコンと私(2)

 の続き。
 僕が買ったのはFM-77L2という、3.5インチFDの機種。当時としては割といい機種だったはずだが、画面は8色しか出ない。その数ヵ月後に4096色も出る上位機種が同じ富士通から出て、非常にショックだった記憶がある。
 ベーマガという雑誌に何本か掲載されていた、読者投稿の簡単なBASICプログラムを入力したり、ゲームを買って遊んだりしていた。自力で作ったのは簡単な競馬ゲーム。オッズと勝ちやすさを連動させて、乱数で不確かさを味付けして、予想が当たれば点数が増えるというもの。もう一つ、クイズ番組『ヒントでピント』のテクニカルクイズのように、徐々に見えてくる漢字を当てるゲームも作った。
 何年かの間は楽しく遊んだものの、高校生になる頃にはPCから離れた。そして大学の授業で再びPCに触れることになる。

|

« 検査目的の献血はいけないことです | トップページ | 囲碁と私(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パソコンと私(2):

« 検査目的の献血はいけないことです | トップページ | 囲碁と私(2) »