« 顧客情報 | トップページ | 囲碁と私(3) »

お笑い

 小田和正さんの「恋は大騒ぎ」によれば、恋をすればいっぱい泣けていっぱい笑える。でも、けろちゃんに恋をオススメするわけにもいかないので、ちょっと考えてみる。
 瞬間的な笑いはやはりCMから。
 例えば、auの、仲間さんの髪型にしてもらっている客がずらっと並んでいる美容室。ある程度予測されるオチだけれど、良く見ると仲間さん本人だけではなく男性までいるところがミソ。これが何百人も並んでいたらもっと面白いけれど。
 もう一つ挙げるとすれば、ゴンα。ミュージシャン沢口靖子さんがメインで商品を邪魔扱いするという本末転倒。ゴンがひねってくるのは今に始まったことではないけれど、気が付けば沢口さんもゴンのCMが結構長い。

 僕にとっては、漫才ブームは憶えてはいるものの本格的に理解しうる年齢ではなかった。漫才やコントなどのネタを観る機会は、今が結構恵まれている時期だと思う。ネタ披露番組の収録に行ってボールを入れてきたこともあるけれど、生の迫力は違うし、思いっきり笑えた。
 でも、その一方で、頭数を集めておいて後は現場の司会者の料理方法に任せる、というスタイルの番組が目につくのも事実だ。ネタ披露番組以外で、きちんと笑いを作って見せるという番組が欲しい。そう、昔の全員集合やひょうきん族のように。
 寄席で披露される落語のあらすじを結構知っていても、名人芸はしっかりと笑わせてくれる。何度も見ているはずのやすきよの漫才もそう。そういった意味で、ひょうきん族のDVDは期待を裏切らないと思う。だからけろちゃん、期待して観てくださいね。

追伸:僕は美容院と美容室が同じものか違うのかわかっていない。やはり、違いのわからない男。

|

« 顧客情報 | トップページ | 囲碁と私(3) »

コメント

ひざがわりさん、どうもありがとう〜
気持ちの上ではいつも恋をしていたいと思いつつも(笑)、それは少々危険なので、純粋な笑いを求めていきたい、と思います。
普段、夜は子供がいるので、あまりテレビを見なくて、録画して、家に一人の午前中に見たりしてるのですが、そうするとCM飛ばしちゃうんですよね。
これからは、CMも飛ばさずに、見よう。なにか「当たり!」があるかもしれないですものねーー
というわけで、今からDVDを入れたMac抱えて、眠たくなるまでの〜んびり笑って過ごす事にします。
ほんとにどうもありがとう〜
ひざがわりさん、いい恋してくださいね♪

PS。私も美容院と美容室の違いはわからない。床屋との境界線も微妙!?

投稿: けろちゃん | 2004.09.27 00:53

コメントありがとうございました。
いい恋しなきゃね(現実に呼び戻されたような気分(笑))。

僕もTVの視聴時間自体は長くないので、面白い作品があったら教えてくださいね。
床屋と美容室と美容院の件は引き続きここのコメントで待つことにしましょう。

投稿: ひざがわり | 2004.09.27 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お笑い:

» 心の底から笑っていないな・・・と [*footprint**heartprint*]
つくづく思う今日この頃。 もちろん、「くすっ」と笑ったり「あはは」と笑ったりする事はあるし 「へー」と思ったり「ほぉ!」と思ったり「なるほど」と思って感心したりする事も... [続きを読む]

受信: 2004.09.27 00:58

« 顧客情報 | トップページ | 囲碁と私(3) »