« あれ? スープが | トップページ | 料金違い »

ついにNHKでも

 学生に日本語力の低下について、データの信憑性を考えたこの記事とその元となったこの記事。この2本で終わりにしようと思っていたら、NHKのテレビ番組でもこの話題が出ていた。
 夕方の5時前、仕事で行った先の待ち時間に、そこに置いてあったテレビから、どこかで聞いたような話題が。そして、具体例として、「憂える」の回答分布が紹介されていた。5択で、うち2つが0%、2つが16.7%ずつ、残る一つが66.7%だった。
 この「憂える」は1999年の問題とのこと。次回との比較のために今回の問題は公開されていないらしい。なお、僕はこのテレビを偶然見ていただけなので、放送されていた内容の全部を見聞きできたわけではない。よって、若干正確性に欠ける可能性があることをお断りしておく。
 ただし、「憂える」の分布、99年の問題だということ、この2点は画面にそう出ていたのを見たので間違いないはずだが。

 99年は04年に比べて中学生レベルの人数がだいぶ少なかった。あの分布の偶然性は多少緩和される。でも、やはり珍しいことには変わりない。NHKのスタッフはこのことを考えたのだろうか。

追伸:ちょうどいいタイミングで「NHKに言いたい」という番組が放送され… ってそうじゃないよね。

|

« あれ? スープが | トップページ | 料金違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついにNHKでも:

« あれ? スープが | トップページ | 料金違い »