« ラグビー日本選手権2回戦 | トップページ | 選ばれたその理由は »

スーパーで発見

 ハウス食品のCMは、種類が豊富で放送回数も多いので、よく目にするし印象に残ることも多い。カレーやシチューに加えて、最近では黒豆ココアも定番の仲間入りだ。そんな強力なラインナップの中、

フルーチェのCMは西田ひかるさんの作品くらいしか記憶にない。ところが、たまたまスーパーで山積みになっているフルーチェを見てびっくりした。

 種類が増えていたんだ。

 最近は買うことも全然ないが、受験生時代の夜食によく食べていたフルーチェ。1パックに牛乳を混ぜて作るのだが、通常であれば4人前のその分量を1人で食べていた。ラーメンどんぶりで作っていたのを覚えている。決して甘党というわけではないし、その頃は標準体重だったと思う。それだけエネルギーを消費していたということで、裏を返せば脳の燃費が悪かったということか。そんな思い出深いフルーチェ、当時はピーチ、オレンジ、イチゴ、キウイの4種類くらいしかなかったはずなのだが。
 もちろん、十何年も経っているのだから、種類が増えることは驚きでも何でもない。ただ、そのCMに気付かなかったことの方が驚き。もっと言えばショック。こくまろも北海道シチューもとんがりコーンもさわやか吐息も、あんなに何回もCMを見ているのに、なぜフルーチェが盲点になってしまったのだろう。あんなに食べたのに。
 そういえば、最近はスーパーの食品売り場に行っても予定の買い物以外の品物に目を向けることがほとんどなかった。もっと興味を持たなければ。

追伸:さすがに今は1袋分を1人で食べると即座に太ってしまう。

|

« ラグビー日本選手権2回戦 | トップページ | 選ばれたその理由は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーで発見:

« ラグビー日本選手権2回戦 | トップページ | 選ばれたその理由は »