« 159.… | トップページ | 書いたら変わっていた »

鉄道事故の報道を見て思うこと

 水曜日の朝のテレビで、鉄道事故の現場に行ってきたコメンテーターが言っていた。
 「わずかな音をも頼りに救助している、だから上空の報道ヘリをやめてくれないか、と救助活動の方から言われた。確かに、現場ではうるさくて話も出来ない。このような時に報道各社の協定か何かで、ヘリを1つにする等の方法がとれないものか」

 ちょっと待ってくれ。やめてくれと言われているのになぜヘリを飛ばすことを前提にするのか。もし、そのヘリのせいで、助かったかもしれない命が助からなくなったら。 実際、毎日新聞の記事にもはっきり「ヘリコプターの騒音」と書かれているではないか。事故を起こしたのは確かにJR西日本で、被害者やその家族、遺族の怒りはそこに向かうだろうが、だからといって救助の妨げをしていいわけがない。「ヘリが飛んでいたから助からなかった」とは言われないだろうから何をしてもいい、ということか。

 いや、それ以前に。このような状況で、「ヘリをやめてくれ」と言われてから気付くようでは、報道に携わる者としてプロ失格だろう。過去にも同じようなことはあったからだ。このような方々がライブドアの堀江社長に対して「報道の意義が」「ジャーナリズムとは」と言っても説得力がない。堀江社長にメディア哲学がないかどうかは知らないが、それが正しいということと、既存マスコミがきちんとしている、ということはイコールではない。
 事故の映像を見て「救助の妨げになるからヘリを飛ばすな」とすぐに言ってこそプロ。

 今回の事件に関する報道は、JR西日本が悪いからとにかくそこを責めていればいい、視聴者の嫌悪感はそこに集中するのだから、という番組作りが露骨に伝わってきて、非常に気分が悪い。もちろんJR西日本に大きな問題があり、それに対しては批判されてしかるべきであるが、中には番組の放送時間を埋めるための批判に終始しているように見受けられるものもある。伝える側がきちんとわかっていないのなら、他の話題を伝えればいいだけの話なのに。
 また、ヘリの件以外にも、救助の邪魔をしていないだろうか、近所に迷惑をかけていないだろうか。それはきちんと検証、いやもっと言えば監視されるのだろうか。そろそろこの分野にもオンブズパーソンが出てきてもいい頃なのでは。

 もう一つ気になること。このような事故の犠牲者がどのような方だったか、数日後にはVTRが流れる。が、そんなものを見たいとは思わない。遺族が悲しんでいるというのに。少なくとも逆の立場で自分がされたら嫌だ。そっとしておいて欲しい。

 と、ここまで読んでいただいておきながらこのようなことを書くのも変だが、同じ話題を扱ったKakoさんの文章はすっきりとまとまっている。読ませていただくことで僕の文章も少しは論点整理できた。「整理してもこの程度か?」と言われると返す言葉もないが。

追伸:例えば、各病院に運ばれた方の名前を一箇所にまとめて、駆けつけた家族が情報を得られるようにするなど、マスコミのネットワークと機材を使えば一発だ。それをしないで「家族は各病院をまわって名前を探しています」と伝えるのはどうなのだろう。
 また、上記のコメンテーター、僕は決して嫌いな人ではないのだが。

|

« 159.… | トップページ | 書いたら変わっていた »

コメント

ひざがわりさん、TBありがとうございました。

以前、私が住んでいたところのそばで大きな火事があり、その日はずっと上空がパタパタと騒がしかったのを覚えています。あの音はうるさいということだけでなく、何か人をあおぎ立てるような不快さがありました。
関係者が都合の悪いことを隠蔽しないように監視することは必要なのだろうとは思います。だからといって何をしてもよいということにはならないはずなのに、「自分たちの使命の前にはどんな義務も免除される」という思いこみがあるようで、何ともやりきれないですね。

ひざがわりさんの記事の最後のパラグラフ、私も全く同じ事を考えて一旦は書きました。文章が長くなりすぎたので割愛したのですが、今でも同じ考えです。
報道は、本来、それが必要な人の所へ必要な形で届けられるべきだと思います。

投稿: Kako | 2005.04.30 08:04

私も数日後の遺族のその後を見て嫌な気分になりました。

遺族が悲しいのは当然なんですから、そっとしておいて欲しいです。

新聞でも子どもが母親の遺体を確認する話が出ていたのですが、何故わざわざ新聞でそんなことを書く必要があるのだろうとやはり疑問を感じました。

そんなことよりもっと報道すべきものがあるのではないかと思うのですよ。遺族の哀しみをイタズラに深くさせる必要などないと思います。

もしどうしても遺族のその後を書きたいなら、週刊誌のようなところで書けばいい。ああいった雑誌は、芸能界のゴシップやら何やらを書くために存在しているわけだから、そういったところで書かれる分には、「ああいった雑誌だから・・・」と納得する部分があります。
それでも、本来、そういう事には触れない方が良いと思いますが。

投稿: こに | 2005.04.30 08:05

Kakoさん、こにさん:
コメントありがとうございます。
伝える側もどうすればいいのかわからない、結局以前と同じパターンということかもしれません。
掲げていることとやっていることの乖離は何とかして欲しいですね。

投稿: ひざがわり | 2005.05.03 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道事故の報道を見て思うこと:

« 159.… | トップページ | 書いたら変わっていた »