« 意外、でも、必然 | トップページ | ネクタイに見る、僕のわがまま »

大切なものは、いつもシンプル

 マクドナルドのCM、ちょっと前までは軸がぶれているような、方針が見えないような、そんな印象を持っていた。業績が良くない時期だけにそう見えてしまったのかもしれないが、「I'm lovin' it」のシリーズでそれほど記憶に残る作品がなかった。

 ところが、100円シリーズになってから、作品途中でも「あ、マクドナルドだ」とわかるくらい、はっきりと伝わるようになってきた。これは100円というわかりやすさによるところが大きいが、作りがシンプルになったこともその良さにつながっている。
 かつての「おいしい笑顔」「世界のことば」の頃の雰囲気のCMを作っても時代には合わないのかもしれないが、あの当時と同じくらいのシンプルさは今でも十分通用する。それは作品の中身だけではない。「セブン、イレブン、いい気分」「おいしさは世界のことば」「すぐおいしい、すごくおいしい」「やめられない、とまらない」など、ずっと親しまれている言葉もまたその一つ。ずっと続いているのは、シンプルだから。

追伸:今やシンプルといえばツーカー。次はどんな手でくるか楽しみだ。

|

« 意外、でも、必然 | トップページ | ネクタイに見る、僕のわがまま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大切なものは、いつもシンプル:

« 意外、でも、必然 | トップページ | ネクタイに見る、僕のわがまま »