« どんな検索で来ていただいているのか | トップページ | あの企業が帰ってきた »

納得

 検索がらみの記事の続き。
 アクセス解析の結果を見ると、見慣れないところからのリンクで何人も訪問されている。

 疑問に思ってそこを訪れてみた。

 この短い質問と答えのやり取りの中に驚きがいっぱい。
 僕と同じ疑問を持った方がいて、それに対して回答しようとして検索して僕のところにたどり着いた方がいる。そこまではあり得る話かもしれない。でも、その後、その月のバックナンバーを紹介した上で、「納得」と言われると、悩んでしまう。
 少なくとも質問者は納得していないのではないか、他の回答が付かないのはなぜだろう、でもここの回答から飛んできて読んでいただいた方も少なからずいらっしゃる。回答者に感謝である。

 「妻の愛」が消えた理由をまじめに考えると、クレームか、戦略か、いずれにしても何かしら不都合が生じたということになる。ただ、その不都合が急に生じたのであれば仕方ないと思う一方、夫を助ける妻という作品でずっときたのに今さら何が不都合なのかという疑問は残る。しかも、「妻の愛」の部分が消えるとメロディが不自然な終わり方になる。だからと言って曲を変えるわけでもなく、路線も同じだ。何しろ、あの妻は坂道を苦労して自転車でやってくる。映像的には「妻の愛」そのもの。歌詞だけ削除する理由がわからない。
 さらに、妻がピッチャー、夫がキャッチャーの設定の作品でも、妻が投げる3球は「何が食べたいか」「何でもいい、はダメ」「何か言え」。「妻の愛」の延長線上にある。ますますわからない。

 ただし、それをこのまま書いても面白くないし、他の方も同様の感想を持っているだろう、ということであれば独自の解釈を作ってみたい、という気持ちで書いた。こじ付けだと笑われればそれでもよし、という記事だった。
 半年以上前の記事がこのような形で発掘される。こんな面白いことを経験できた。

追伸:3球の台詞は聞いていて耳が痛い。家の献立ではなく外食だが、同様の質問をされて「何でもいい」に近い返事をして怒られたから。

|

« どんな検索で来ていただいているのか | トップページ | あの企業が帰ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32588/4159065

この記事へのトラックバック一覧です: 納得:

« どんな検索で来ていただいているのか | トップページ | あの企業が帰ってきた »