« 常識の11問 | トップページ | ヘキサゴン、ではないけれど »

野球といえば

 野球の楽しさを表現し続けているのがSSKのCM。野球とは関係ないシーンのさまざまな人がキャッチボールのリレーで画面をつないだり、野球場でのプレイに他のスポーツを融合させたり、アイデアには事欠かない。

 今流れているのは、宅急便ならぬ「野球便」。運んで欲しい小さな荷物を野球のボールに詰める。それをバットで打ち、キャッチしたところから別方向に打ち、の繰り返しで配達するというもの。確かにこれは早い。この野球便のリレーが全てごく自然に行われているところがSSKらしさだ。
 そして、お届け先の担当部署でキャッチした女性が、ボールの受取人の部長めがけて投げる。これが、横に飛びながら見事なスロー。まだ1回しか観ていないけれど、あの女性は誰?

 忙しくて書くのを忘れていた。アサヒ本生のDVDテレ蔵庫の続編。またもや「キャンペーンなんだよ」と弁解する男に、「キャンペーンだからって何をしてもいいのか」と問い質す女。同じことを感じていた視聴者も多いだろうとは思うが、その台詞を言ってしまったらキャンペーン企画のこのCMも今回限りになってしまう、と余計な心配をしてしまった。もっとも、そうそうキャンペーンばかりするわけにもいかないだろうから、それでもいいのかもしれないが。

追伸:それにしてもCMにはキャンペーンという言葉があふれているなあ。

|

« 常識の11問 | トップページ | ヘキサゴン、ではないけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野球といえば:

« 常識の11問 | トップページ | ヘキサゴン、ではないけれど »