« もう5年? まだ5年? そして目指すは… | トップページ | <10代のあの頃:4>あるボウリング »

世話焼き、といってもパッカンではなく

 チオビタドリンクのCM、先月書いた後で新しいバージョンが放送されている。

 注目の曲について、声は一切なくなっていて、メロディラインはそのままで流されている。設定としては妻が夫を会社に力強く送り出している。その方法はぜひCMで見て確認していただきたい。
 そして妻の台詞が「世話が焼ける」というもの。チオビタドリンクを飲むのはまたもや夫だ。

 ということで、内容は「愛情一本妻の愛」のまま。それなら、歌詞も最初のままでいいのに。しかも、人生の峠を二人で越えるという歌詞まで消してしまったのはもったいないような気がするのだが。今後、パターンが変わっても基本路線が変わらないのであれば、もう取り上げないかもしれない。

追伸:タイトルを見て何のことかわかった人はなかなかのもの。実は、パッカンも妻役の女性の台詞に関してちょっとした話題になり、変更されたこともあった。

|

« もう5年? まだ5年? そして目指すは… | トップページ | <10代のあの頃:4>あるボウリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世話焼き、といってもパッカンではなく:

« もう5年? まだ5年? そして目指すは… | トップページ | <10代のあの頃:4>あるボウリング »