« 韓国旅行 | トップページ | 夫婦共演 »

初めて知った言葉

 世の中、いろいろ知らないことがあるのは当然だ。でも、ある程度知っているはず、見聞きしているはず、と思っていても案外そうでもないことがある。つい最近知った言葉もその一つ。

「朝の果物は金」
 この後、昼は銀、夜は銅と続くらしい。果物には消化を助ける働きもあり、糖分の多さも考えると、早い時間帯に食べたほうがいいということ。
 金銀銅の並びから考えると、比較的新しい言葉かもしれない。結構有名な言葉なのだろうか。

追伸:これを知ったのは地下の食堂のテーブルに立ててあった一口メモのような紙。

|

« 韓国旅行 | トップページ | 夫婦共演 »

コメント

初めて知りました、その言葉。
最近息子と見ている教育テレビの番組で、意味を知った言葉に「目から鼻に抜ける」というのと「五月(さつき)の鯉の吹流し」というのがありました。言葉自体聞いたことがあっても、使ったこともないし、意味も知らないというものを、子供向け番組で発見したのも、なんだかなぁ、、、でした。

投稿: てすこ | 2005.07.13 08:47

実はそれほど有名ではないのかもしれませんね。
NHKでは子供向けではありませんが「大稀林」(字が違ったらすみません)も言葉についてこだわっていて好きです。でもずっと見ていません。
誤用、誤解、いっぱりありますね。こまめに辞書にあたるようにしなくては、と改めて思いました。

投稿: ひざがわり | 2005.07.13 23:45

イギリスのことわざらしいですね。
http://www.chushi.maff.go.jp/kohoshi/radio/4.htm

わたしは、数年前のアメリカかどっかの果物輸入キャンペーンの一環だったか、キリントロピカーナの宣伝できいた記憶があります。

投稿: bun | 2005.07.14 03:27

調べてみるものですね。私も検索を書けたらいろいろと引っかかりました。やはり有名?(すみません、ころころ変わって)
宣伝で使われていても不思議はなさそうですが、インパクトという面でどうかなあ。

投稿: ひざがわり | 2005.07.14 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて知った言葉:

« 韓国旅行 | トップページ | 夫婦共演 »