« 献血のお願い | トップページ | 順番が違う! »

カレシの…

 パックンマックンのネタにもなった、かつての東京総合信用のCM。略してトーソーシン。最初の「トー」にアクセントを置いた、外国人女性の発音が特徴だ。
 「闘争心」とひっかけたCMもあったが、アクセントを最初に置くこと自体で一つの作品を作ったこともある。女の子が今風に「カレシ」を平たく発音するのが気に入らないお父さんが、「カ」にアクセントを置いて発音するように説得する。その力のこもった「カ! レシ」が繰り返され、アクセントは最初に置くという力説の後に「トー! ソーシン」が続く。

 さて、今日の本題は「カレシ」だ。

 「カレシ」「カレシの元カノ」「カレシの元カノの元カレ」「カレシの元カノの元カレの元カノ」… これが一人分ずつ長くなって繰り返されていく。

 「あなたにもエイズ検査は必要です」

 公共広告機構のCM。ずいぶんと思い切って攻めている印象を受けた。あえて踏み込んだ意図は買う。
 ただどうなんだろう。深刻さがどこまで伝わるだろうか。正直わからない。もちろん、これといった代案もない。エイズそのものの深刻さが伝わっているのかどうか、気になった。
 エイズが一気に騒がれたのは、確か僕が中学の頃。ぎりぎり社会問題を認識できた頃。それよりもっと下の世代は、どこまで把握しているのだろう。

追伸:もちろん、検査だけのCMではない。

|

« 献血のお願い | トップページ | 順番が違う! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カレシの…:

« 献血のお願い | トップページ | 順番が違う! »