« blogの手詰まり感からふと思い浮かんだ | トップページ | 昨日の雪 »

おめでとう、ガンバ大阪

 先日の記事の追伸で書いたJ1の優勝争いは、ガンバが優勝。結果的には4チームを勝ち点差わずか1で振り切った。「最終節に立ちはだかるフロンターレ」(ここにも出ている、00年にセレッソの優勝を阻んだ試合。また、01年の最終節で山形にJ1昇格をさせなかったことは先日書いたとおり。)を倒しての優勝だった。

 セレッソ関係者やサポーターには大変厳しい言い方になるが、試合中、リードしていても優勝するようには思えなかった。理由は、危ないシーンが何度もあったからではない。後半早々のセレッソの勝ち越し点のシーンを見たからだった。
 試合展開としては前半の早い時間でセレッソが先制、FC東京が追いつく。前半でPKを外して同点のまま後半に入ったセレッソにとって、勝ち越し点が非常に大きな意味を持つのはわかる。ただ、まだ40分以上も試合時間が残っている段階で、まだ1点のリードなのに、ゴール裏の看板を飛び越えてサポーターの近くに行き、喜びを爆発させていた。これを見て、危ないな、と思った。少なくともこのままでは終わらない、セレッソが勝つにはもう1点必要だと思った。
 その後、両チームとも追加点がなく、試合終了まで残りわずか、僕の心配は杞憂に終わるかと思った。そう、僕も甘かった。FC東京の同点ゴールは、あまりにも劇的な時間帯。その瞬間、長居はどんな雰囲気だっただろう。

 勝負は下駄を履くまでわからない。これは、僕が囲碁を始めた初期の頃に教えられた言葉。今はどれくらい使われているのだろう。

追伸:J2は、4年前の最終節同様、優勝を決めている京都が西京極で敗れた。仙台は福岡と引き分け、この結果甲府が入れ替え戦へ。

|

« blogの手詰まり感からふと思い浮かんだ | トップページ | 昨日の雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう、ガンバ大阪:

» ガンバ大阪J1シーズン優勝 [芸能&スポーツ瓦版]
Jリーグ2005年J1シーズンはガンバ大阪が優勝し 関西初のJリーグ年間チャンピオンになって嬉しいよ [続きを読む]

受信: 2005.12.04 18:37

« blogの手詰まり感からふと思い浮かんだ | トップページ | 昨日の雪 »