« 6年ぶり | トップページ | 大したことじゃないと思うけれど、そんな言葉が出るとは »

深夜のタクシー

 仕事で遅くなって、終電から2時間ほどが過ぎ、さすがに翌日のことも考えて限界を感じて職場を出た。いつもに比べれば明かりがついている部屋も少ない。
 駅のタクシー乗り場までは歩いても数分。でも、その途中に偶然停まっているタクシーがいる。もうこの時間なので一秒でも早く乗りたい。そのタクシーに乗る。
 ところが、このタクシー、何も言わなくてもベストルートを選んでくれるのはいいのだが、運転がちょっと変。何しろ、100メートル以上前からウインカーを出す。周囲に車は少ないが、ちょっと落ち着かない。もともと車内で寝るつもりはなかったけれど、余計に疲れた。

追伸:結構疲れていても運転手と会話することが多い僕だが、この日は黙っていた。

|

« 6年ぶり | トップページ | 大したことじゃないと思うけれど、そんな言葉が出るとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜のタクシー:

« 6年ぶり | トップページ | 大したことじゃないと思うけれど、そんな言葉が出るとは »