« 検索とは不思議なもの | トップページ | ココログリニューアルに関連して »

仕事上のメール

 先日、仕事上の関係がある方からメールが届いた。会ったことはなく、電話で問い合わせを受けて僕が答える、ということがたまにある程度で、メールを送ったのも一度だけなのだが、ご丁寧に連絡をくれた。結婚したことに伴い、メールアドレスが変更になるという。きっと、この機会に各方面に一斉に連絡しているのだろう。

 それはいいとして、これは何か返した方がいいのかどうか。迷う。ご結婚おめでとうございます、と書いてもいいのだけれど、それだけを書くのもかえって冷たいような感じだし、それ以上書き足すほどのお付き合いはない。残念ながら、こちらからの用事は特にない。どうしよう、と思ったが何も返さなかった。

 1週間くらい経って、ちょうど先方から電話があったので、渡りに船、先日はメールありがとうございました、と本題に入る前に一言。自然な会話の流れになって、まずは一安心。
 でも、先方が名乗ったのが旧姓だった。わざわざ教えてくれた意味、ないじゃん。

追伸:1ヶ月ほど経ってもう1回電話があった時には、さすがに旧姓ではなかった。

|

« 検索とは不思議なもの | トップページ | ココログリニューアルに関連して »

コメント

普通にメール有難うの旨返しても良かったと思う。
ダイレクトメールの類でなければ私はそうしていたけど。

投稿: とら | 2006.03.30 04:27

結婚のことをちょっと意識しすぎましたかねえ。会ったこともないし、仕事上のやり取りも聞く・教えるの関係で先方が必要以上に丁寧なので、ちょっとどうすればいいのか迷ってしまいました。

投稿: ひざがわり | 2006.04.01 00:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事上のメール:

« 検索とは不思議なもの | トップページ | ココログリニューアルに関連して »