« 今年も、この日が終わった | トップページ | 3歳の時、何してた? »

飲料CM、展開の変化

 伊右衛門のCMに、伊右衛門はん夫婦以外の人物が本格的に登場。別の茶葉を勧めるが、伊右衛門はんはあっさりと断る。宮沢りえさんの最後の「頑固」という台詞が効いていて、他との違いを見せることで、茶葉作りへのこだわりがよく伝わってくる。作品に厚みを感じさせる、今までとは違う展開だ。
 一方、キリンビバレッジ | 商品スクエア | CM情報から。FIREの曲が広瀬香美さんのボーカルに変わったことにも注目だが、それ以上に触れておくべきは午後の紅茶。品質をここまでストレートに訴えるのは、この商品としては珍しいような気がする。ドラマ仕立ての起用で今までいい作品を見せてくれてきたが、新たな路線であややをどのように活かせるか。

 夏に向けて、飲料CMはその本番を迎える。勝つのはどこか。

追伸:NUDAのCM自体ではなく、サイトの説明文について、タレント名にさん付けした部分を「」で囲うのがよくわからない。

|

« 今年も、この日が終わった | トップページ | 3歳の時、何してた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲料CM、展開の変化:

« 今年も、この日が終わった | トップページ | 3歳の時、何してた? »