« <10代のあの頃:14>ある俳句 | トップページ | 他の視点も欲しい »

たった2種類

 成分解析

 占いには興味を持たなかった。そもそもいろいろあり過ぎて。そんな中、ちょっと変わった結果が出るこれにアクセスしてみる。5種類の成分が出る人が多い中、僕はなぜかたったの2種類。やはり単純だから?

 しかも、そのうちのほとんどが、

 ひざがわりの97%は汗と涙(化 合物)で出来ています

 とのこと。汗と涙は成分としては同じという意味で書かれているのか、それとも「汗と涙」という化合物なのか、おそらく後者だろう。確かに汗かきで涙腺が弱い面もあるけれど、97%って。

 それよりも気になるのは、(化 合物)の「化」と「合」の間のスペース。これは何?

追伸:この遊びを見て真っ先に思い出したCMは、当然、「バファリンの半分はやさしさでできています」だ。

|

« <10代のあの頃:14>ある俳句 | トップページ | 他の視点も欲しい »

コメント

■バファリンの解析結果
バファリンの47%は根性で出来ています
バファリンの44%は濃硫酸で出来ています
バファリンの6%はミスリルで出来ています
バファリンの2%は心の壁で出来ています
バファリンの1%は理論で出来ています


やさしさって根性?濃硫酸?あはは。

投稿: けろちゃん | 2006.04.10 07:56

けろちゃん、最高です。思い付きませんでした。
頻出単語が目立ってしまうのがちょっと残念ですね。濃硫酸やミスリルは何度も見かけました。

文章は単語の順番も重要です。
「バファリンの半分はやさしさでできています」を
「バファリンのやさしさは半分でできています」と
言ってはいけません。
「私の血はワインでできている」を
(以下略)

投稿: ひざがわり | 2006.04.11 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たった2種類:

« <10代のあの頃:14>ある俳句 | トップページ | 他の視点も欲しい »