« だからどうした? | トップページ | 言葉で表現するということ »

酔ってた女性、酔わせたい女性

 モルトスカッシュCM。なぜこの男性を選んだか、昔のそのシーンを思い出して「酔ってた…」ことに気付くというもの。
 そこが男性の狙いだったのかどうか、今さら確かめようがない。でも、それを思い出した女性の今の表情が後悔一色ではないのがこのCM。酔っていたけど、まあ、よかったかな、と。そこに救いがあるからいいようなものの、パートナーの今の姿にため息をつかれたら悲しい。いつか僕もそんな風に思われるかもしれないなどという心配を今からしたくない。
 そこで、大切な時には酔わないように、モルトスカッシュの登場。酔わないようにするならわざわざアルコール飲料でなくても、と思うけれど、逆に、何らかの言い訳はできるようにアルコールを多少入れておきます、ということか。その方が都合がいい時もある。僕には多分ないけれどね。

 「酔ってた」が現実なら、理想は「酔わせる」。ここで出てくるのは、当然、このCM。

 オールモルト・モルトクラブのオールモルトのCMは、アサヒビール:CM情報で観ることができる。初めて60秒バージョンを知った。あんな風に言われたら、ねえ。
 あらためてじっくりとCMを観て、やはり、相応のところに住まなければあのような場面は理想のままで終わってしまうのだ、と知った。そして、台詞に間が持てるような時間の過ごし方も必要なのだと。

追伸:気が付くとまた飲料のCMが続いている。

|

« だからどうした? | トップページ | 言葉で表現するということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酔ってた女性、酔わせたい女性:

« だからどうした? | トップページ | 言葉で表現するということ »