« 何で? | トップページ | 今さら驚かない »

12月31日24時と1月1日0時

 ちょっと遅くなったけれど、Sankei Webの記事から。
 著作権に関しての法解釈、細かいことだけれど結果は大違い。でも、今さら問題になること自体がちょっと妙な感じもする。今までにも、他の法律も含めてこういったことは多数あったはずでは。もちろん、それを承知で動いている人もいるのだろうけれど。
 逆に言えば、国の現行解釈が司法で認められなくなると、他の法律にも波及するような気がする。大丈夫かな。

追伸:例えばここを読んでいただいている方がどう思うのか教えていただきたい。

|

« 何で? | トップページ | 今さら驚かない »

コメント

なるほど、松竹が小津生誕100周年で全作品のデジタル・リマスター版を必死こいて制作した理由がわかりました。著作権が切れる寸前だったのね。ま、化粧箱入り4巻セット9万円也を買ってしまったので、どうでもいいのですが・・・とほほ

投稿: blue hills | 2006.05.29 22:46

何作品くらい入っているのか想像できませんが、その9万円セット、今のところどのくらい観ましたか?

投稿: ひざがわり | 2006.06.02 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月31日24時と1月1日0時:

« 何で? | トップページ | 今さら驚かない »