« おわび・おことわり | トップページ | 中身は顔に出る?(後編) »

中身は顔に出る?(前編)

 僕が参加した囲碁の団体戦の記事が、主催した新聞に載っていた。その中の写真に僕の姿が。
 新聞に出るために参加しているわけではない。ただ、新聞を見て声をかけていただくこともあるので、記事には目を通すようにしている。
 囲碁を打っている時の僕は、自分で言うのも変だが、いい表情をしているはず。それなのに、その写真の僕は、それはそれはひどい表情だった。遠目からの横顔なのがせめてもの救い。
 写真から対戦相手と撮られたタイミングがほぼわかったことによって、なぜこんな表情なのか、判明した。対局内容が、盤上が、とんでもない状態で、生き生きとした表情で打つような中身ではなかったから。中身は顔に出る。

 以下、囲碁をご存じの方限定の記事になってしまい申し訳ないが、どのような進行だったか、明日の記事で見ていただきたい。

追伸:あらかじめお断りしておくが、これは最も上位のリーグ戦の、キャプテン同士の対局である。

|

« おわび・おことわり | トップページ | 中身は顔に出る?(後編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中身は顔に出る?(前編):

« おわび・おことわり | トップページ | 中身は顔に出る?(後編) »