« 3位決定戦と決勝 | トップページ | 最後に待っていたもの »

残念な傾向

 テレビCMからwebに誘導することは珍しくなくなった。面白い展開を見せている作品もある。
 でも、とにかく検索窓を画面に表示して商品名を入れて検索する絵を出すだけというのは、安易過ぎやしないか。CM力の低下の表れでなければいいのだけれど。
 検索せずとも必要な情報がうまく伝わる、あるいは見ただけで検索せずにはいられなくなる、そのようなCMが増えてくれば、上記のような検索窓をわざわざ使う必要はなくなるのでは。
 いっそのこと、検索入力とクリックする瞬間、検索結果風の画面だけを使ってCMを作ることも十分考えられる。

追伸:検索結果を使った番組もいくつかある。完全一致のand検索で言葉を増やしてヒット件数を減らしていき、最後に1件だけになるように言葉を考える、というゲームを見た。もう少しアイデアを詰めれば面白くなるかもしれない。

|

« 3位決定戦と決勝 | トップページ | 最後に待っていたもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念な傾向:

« 3位決定戦と決勝 | トップページ | 最後に待っていたもの »