« 続・まずいかもしれない | トップページ | 雷雨 »

ようやく、ようやく、いい作品が

 CMのCMキャンペーン、僕はここでかなり厳しいことを書いてきた。でも最近になっていい作品が出てきた。ずいぶん遠回りしたねえ。

 会議の席にペットボトル入りの水を出す部下に対して、なぜ自社商品の水を出さないのか怒る上司。CMをしていないから知らないと言う部下。でもその上司も、CMをしていないから商品名を知らない。
 そのようなやり取りの後、「CMって何?」と出る。

 まさか、サラリーマンNEOや、「すいません、きいてませんでした」と外国人男性が謝るvodafoneの影響ではないと思うけれど、なぜか共通点を感じてしまう。よし、次は富士写真フィルムのCMに倣って、「あなたにとって、CMとは?」というのはいかが。

追伸:vodafoneで子供にも同じように謝るのは面白かったが、予想GUYという名称はいまいち。

|

« 続・まずいかもしれない | トップページ | 雷雨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく、ようやく、いい作品が:

« 続・まずいかもしれない | トップページ | 雷雨 »