« 自分では気付かないこと | トップページ | 神戸大阪1泊2日(1) 渡った! »

職場の近くの寿司屋の店主

 この暑い中、ランチタイムに外に出るのは非常にしんどい。いや、そうでなくても昼休みは地下食に行くことがほとんどだ。中食も外食もほとんどない。
 職場の近くのとある寿司屋。もう何年も行っていない。夜は一度も行ったことがないはずで、ランチが確か900円くらい。でっかい味噌汁が付いて、デザートには果物が何種類か出てくる、やや変わったお店。店主のおじさんのキャラクターが明るく、人懐っこい。行ったことの有無はともかく、名前を出せば多くの人が知っている、そんな感じだ。
 食べに行ったことがあるとはいえ、下手すると店内よりも道で会った回数のほうが多いのでは、と思う程度の回数。それなのに、この店主は僕の名前を憶えていて、囲碁の記事で小さく名前が出ているのも見逃さない。何だか不思議。正直なところ、店主からの妙に親しげな挨拶には戸惑うことも多い。

 もちろん、憶えていただくということのありがたさは否定しない。でも、店主の面白さを素直に受け取れないのも事実。これは疲れの表れ?

追伸:僕の周囲でも、準優勝ネタはそろそろ終結している。

|

« 自分では気付かないこと | トップページ | 神戸大阪1泊2日(1) 渡った! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職場の近くの寿司屋の店主:

« 自分では気付かないこと | トップページ | 神戸大阪1泊2日(1) 渡った! »