« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

大きな時計

 職場の近くに時計店があった。過去形なのは先日閉店したから。5階か6階建てくらいの建物で、その上には遠くからもよく見える大きな時計がある。毎朝出勤時にその時計を眺めている。

 ところが、閉店した直後はそうでもなかったのに、いつの間にか、その時計が20分ほど遅れている。止まっているのではなく、20分遅れのまま動き続けている。
 いくら閉店したからといって、それはないよねえ。止めたのならまだしも。

追伸:最近停電があったわけでもないはずなのに。なぜ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬?

 「何で?」でおなじみのダイワハウス。飼い主が何をしても反応しない犬に対して「ダイワハウス!」と声をかけると動く、というもの。確かにその向こうに犬小屋はあるけれど、「何で?」という言葉が似合う場面なら何でもダイワハウスというのは行き過ぎだ。何らかの形で家が関係してくる構成を望む。でも、今の路線でさらに来るなら、次は何か。
 例えば、外国で言葉が通じない、いや、日本という国がわかってもらえない、スシ、フジヤマ、サムライ、を持ち出すが先方は反応なし。ところがそこで「ダイワハウス」の一言でコミュニケーションが成り立つ。こんな作品が予想される、わけはない。

追伸:SBの最近の作品は、スパイや口外禁止などの会議室シリーズが面白い。ただ、この会社は、今はもっと伝えるべきことが他にあるだけに惜しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

40円の違い

 寄附の入金をするために郵便局に行く。依頼書に必要事項を記入して、お金とともに窓口に出したところ、局員のお兄さん曰く、

「機械で入金していただきますと、手数料が40円安くなって60円になります」とのこと。2台ある機械のうちこれに対応しているのは1台。勧められるままに並んで、少し待ったけれど手続きをした。ご利用明細票は、白い紙に僕が書いた手書き部分の一部がコピーされていて、これが払込みの証拠となる。

 窓口よりも機械のほうが安いこと自体はわかっていても、案外知らないことは多いものだ。

追伸:そう言えば赤い紙で入金することが多いような。手数料を払ったのが久しぶりということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君のハートに点火!

 この台詞だけで何のことかわかる人は相当な通。知らなくても「あれ関連かな?」と思い当たる人は素晴らしい。

 台所が熱い。文字通り、熱源に関する対決。東京エリア外の方も、リンク先からそれぞれの作品をご覧いただければ幸いだ。

 東京電力株式会社は、平成18年度「秋のSwitch!キャンペーン」~陳建一さん、道場六三郎さん、坂井宏行さんの鉄人3人がIHクッキングヒーターで料理対決。~である。映像はTEPCO CMライブラリ Switch!で。
 料理人として、IHのCMへの出演すんなり引き受ける仕事ではないかもしれない。何年も同じ番組に出演していたとはいえ、3人が意思を揃えるまでには困難があったかもしれない。それを実現させた点で、IH側としては一つの集大成のCMとも言える。

 一方の東京ガス。バス・パッ・チョシリーズでは歴史上の人物が登場して話題になっているが、ここで思わぬ直球を投げてきた。ペプシ対コカ・コーラ、IDO対ドコモに並ぶ、ライバルを意識した広告。東京ガス : CMから、ピピッとコンロ+do<プラスドゥ>の作品をどうぞ。

 男性女性の両編があるが、ともに最初に出てくる文字は

 オール電化にした人は、
 気にしないでください。

である。そこにガスの炎の映像が重なって物語がスタート。女性が調理する際には「本物の炎」を強調。会話の途中でIHの話題になりかけるが、冗談で話をそらせることにより、かえってIHを連想させる。男性は点火という言葉から冒頭の台詞を言い、女性が引いてしまうというオチ。

 それにしても冒頭の「気にしないでください。」がうまい。

 携帯各社にも、東京ガスの作品を見習って欲しいものだ。

追伸:東京ガス:ガスコンロ-ピピッとコンロ+do<プラスドゥ>-はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局月額いくらなのか

 先日の数は力?の記事中、SBについていろいろ書いたが、我ながら先見の明のなさを恥じるのみ。
 例えば、ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑という記事。もちろん、複雑であることが予想外ではないからこそ、この見出し。合わせて、ドコモ社長が言及した内容を紹介したこちらの記事もどうぞ。

 これくらいのことは、細かいことを知らなくても見当が付くようでなくては、と思う。

 予想外割の発表翌日に、どう思うか、職場で聞かれた。その時にも僕は慎重な表現ながら気を付けた方がいいと言った後、最後にこう付け加えた。

 「いいですか、ソン、ですよ」

追伸:料金制度について、TVチャンピオンで一度「SBM王」をしてみてはいかがか。問題を作る方も大変そうだが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本ハムが日本一に

 日本シリーズ開幕前にはこのようなことを書いた僕。まさか4勝1敗で日本ハムが勝つとは。いやはや大変失礼なことを書いたものだ。応援していたのでうれしいけれど、せめて第6戦があればじっくりテレビで観戦できたのに。それが少し残念だ。

追伸:サンデーモーニングで大沢親分の喜ぶ顔が目に浮かぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内外温度差

 今日、うちではこたつを出した。気温もだいぶ低くなってきている。
 なのに、僕は職場で知らないうちに服の上から太ももを蚊に刺された。ムヒを塗るわけにもいかず、痒い。

 この温度差は何だろう。道理で夏は暑いわけだ。でも、冬暖かいわけでもなかった記憶が。

追伸:こんな調子だからというわけではないが、月日の経過の実感がない。もうすぐ11月なのに。大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数は力?

 昨日の記事について、反省。横綱とオセロの2人だけではなかった。ドコモが新聞に見開きで載せた広告。武豊騎手ら7組の有名人の顔ぶれで「どうだっ!」と言わんばかり。うちのような田舎の電車の中吊り広告にも7組が並ぶ。これも業界1位としては仕方ないのかな、と思わせたのはauも広告を載せたから。路線は違えど新聞広告で競う形になり、結果的に初日だけ見るとSB陣営がかえって目立つことにもなった。もちろん、前日の発表の影響も大きいだろうが。
 ただ、そこはSB。後になって「やっぱり」だの「実は」だの予想通りの言葉が並ぶような事態はご遠慮いただきたいものだ。「複雑すぎて足元の販売店が対応できるのか」「文言の解釈のすれ違いがいつ起きるのか」「210円引きとなる他社料金プランは他社の内容がどこまで忠実に再現されるのか」といったことも、いずれ専門的な検証が加えられるだろう。お手並み拝見。僕はCMを通して引き続き見ていく。

追伸:同じコーヒー、別の携帯。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

必死さがイタい

 MNPとは?の記事ではドコモのCMのことは書かなかった。その後、横綱が登場して路線が見えてきたと思ったら、さらにオセロの2人も別の作品で登場し、「くりこせてわけあえる」というドコモダケの作品で紹介されてきたことを説明してくれる。
 「MNPでドコモは守勢だと思われるかもしれないが攻めている」という内容のドコモ側のコメントを少し前に読んだが、CMからは一番守っているようにしか感じられない。コメントとCMのずれが、見ていてイタい。

追伸:auの余裕たっぷりの姿勢も、ちょっとやりすぎに思えるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜそんなに大事なのか教えてください

 個人情報保護法について、日本新聞協会が見直しで意見書を提出したとのこと。その中に、

「官僚の最終学歴を非開示とする省庁があるなど国の行政機関の個人情報の取り扱い」が重点的に議論するよう求めた項目として出ているらしいけれど、なぜ、と思う。学歴が出てきたとしてそれは何なのか。
 隠す方をかばう意味ではなく、自分たちが求めることに関してきちんと説明できるのか、という意味で。

 ぜひ、教えていていただきたい。学歴がそんなに大事な情報だという理由を。それが非開示でなくなることで新聞の読者にどのようなメリットがあるのかということを。

追伸:半年ほど前に僕が書いた記事の追伸欄も参照していただきたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第7戦まで見たい

 日本シリーズ、1試合でも多く見たい。応援しているのは日本ハム。でも予想としては4-1で中日乗り。それほど詳しいわけではないけれど。

追伸:審判団よ、くれぐれもしっかりやってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

二つの海は違うのか?

 ふと気付いた疑問。海を示す英語について。
 ホテルの名称には「シー」という言葉が付くことが多いのに、部屋から見える海は「オーシャンビュー」。この違いはいずこに。
 僕は「違いのわからない男」だし、このようなホテルにも部屋にも縁がないけれど。何となく妙だ。

追伸:このようなこともあえて調べずに直感で考えるから面白い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近のログの検索結果から

 ここ1か月ほどのアクセス解析で、ブログのトップページを除くと一番アクセスが多いのがこの記事。実は1年以上前で、何ということなしに書いたのだが、ロングセラー的な記事になっている。このブログ自体のアクセス数全体から考えると、この記事だけで1日平均4件以上という数字は驚きだ。

 それほど「突合」という言葉は珍しいのだろうか。検索語としてもトップで、ひらがなの「とつごう」を合わせると全体の1/6を超える。不思議だ。以前はそれほど目立っていなかったのに。

追伸:「とつごう」で変換してもいまだに「と都合」と出てしまい「突合」にならない、というのは内緒である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日のログの検索結果から

 昨日ここを訪れてくださった方の中に、「マヌカン のり弁当」という組み合わせで検索された方がいらっしゃった。

 やや?

 でも、それなら「しゃけ弁当」のはずでは、と思う。

追伸:僕の中では値段的にはこの2つは同額のイメージがあるけれど、実際にはどうなのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっちの料理?

 日曜日、ランチピークをだいぶ過ぎてサイゼリヤに入る。僕は一人。ほぼ同時に入った、母と娘と思われる二人の女性がすぐ隣のテーブルに座る。テーブルの番号も一つ違い。注文のタイミングもほぼ同時だったので、女性の店員が2テーブル続けて注文を受けた。

 しばらくして、サラダと冷たいパンプキンスープのセットを男性店員が運んでくる。隣の女性二人のテーブルを向いて差し出そうとするが、隣の怪訝そうな反応を見て僕が気付く。

「それ、こちらです…」

 そう、注文したのは僕。このセットとパスタを一品。男一人でこのセットはないだろうと思ったのか。

 しばらく後、運ばれてくるビール。テーブルのすぐ近くまで来たかな、と思うと店員がいったん戻っていく。再び近くまで来たがすっと差し出す気配がない。それに気付いたのか、隣のテーブルが手で店員に合図する。ビールは母の方が頼んだものだった。

 素朴な疑問。この店は注文者を確認してから運ぶということはしないのか?

 すでに、来店客より帰る客が多い時間帯だった。その分スタッフも減る時間帯なのかもしれないが、それにしてもいただけないぞ。

追伸:何年も食べていないので変わったのかもしれないが、パスタが以前の記憶に比べて多かった。これは自分が普段食べる量が減ったからそう思えたのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

約5キロ減

 7月末から、食事に気を遣っている。間食類は基本的に食べない、食事はご飯を少なめに、ご飯茶碗も非常に小さくした。平日の昼食は地下食の定食を食べるので味噌汁が付くことがほぼ確定しているため、朝食は味噌汁抜き。
 その結果、日によって誤差はあるものの、2か月半で約5キロ減。やればできるもんだ。驚いた。
 一番驚いたのは、久々に着る秋物のスーツ。自分の服ではないみたいだ。

 さすがにこれ以上落とすためには運動も必要だし、急激に落とすのはよくない。年内にあと1.5キロくらい落として、大台を割り込めればうれしい。

追伸:お酒を飲む機会が減っている、というのも事実。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

眠りの深さ?

 昨日の朝の地震、揺れが少し長かったのでさすがに目が覚めた。ラジオで情報を確認して、それほどおおごとではなさそうなので、安心してまた寝た。
 職場での昼寝の時、僕の席のすぐ隣にあるファックスの受信音や、通路を挟んだ斜め後ろにあるプリンタの音で、せっかくの眠りが途切れてしまうことが多い。ここで疲れが取れるかどうか、午後を大きく左右するのに。
 そんな僕だが、先の地震の時が例外的で、家での眠りは案外深いらしい。朝起きたら留守番電話のランプが点滅していて、その時刻が朝の6時前。結構大きな音で呼び出し音が何回も鳴っているはずなのに、全然気付かなかった。この傾向が続いて、携帯電話の目覚まし機能で起きなくなってしまうと困る。もしそうなったら、鳴る回数をもっと増やしてみよう。

追伸:そんな早朝にかかってきた電話、何だったのだろう。多分間違い電話だと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

は、早すぎる

 長年、プリントゴッコで作ってきた年賀状。出来栄えの問題と、デジカメ画像を使うことを考え、印刷屋さんに出すようになった。全国チェーンより地元の会社、ということで、去年お願いしたところにメールで資料を依頼。職場にもよく来ている方なので、「まだ先の話ですし、何かのついでで寄った時にチラシを持ってきていただければ」とお願いした。

 翌日、早速チラシを持ってきていただいた。何だか申し訳ない。ついででいい、って言ったのに。でも、これも相手の人柄。ここまでされたら僕も応えないわけにはいかない。今年もここに決めた。
 デジカメ画像を使うとすれば、転居も何もない僕が使えるのは1パターンだけ。あとは使うに値する写真があるかどうか。なければこれから撮るかもしれない。

追伸:出す相手から考えて、今回はブログの告知はもう必要なさそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

付け置き洗い

 職場の流し台で、付け置き洗いをしようと台所用漂白剤をキャップで量っている僕を、通りかかった先輩方が見て曰く、

「まめだねえ」と。

「適当でいいのにねえ」ということらしい。僕にとっては、この程度のことでまめだと言われたことの方がちょっと驚き。普段の僕とのギャップということか。

追伸:数か月前に、液体がはねてYシャツにかかってしまい、一枚駄目にしてしまったことは内緒である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほっと一息

 この一年間、十数名の団体の会計をしていた。数十万もの大金を扱うので、終わって肩の荷が降りた。もっとも、持ち回りなので、みんなが同じように仕事をしてきたわけで。
 会計報告の説明、ちょっとだけ噛んだけれど、自分としてはまずまずの出来だったかな。

追伸:例年に比べてイベントも少なく、無茶な支出もなかったので、どちらかと言えば楽だったと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年会費6,000円

 公共広告機構の賛助会員になった。会員証の「ACパートナーズプレート」や「ACレポート」等が届いた。レポートはじっくり読もう。
 例えば、レポートにも載っている、第2回公共広告CM学生賞のグランプリ作品、是非一度ご覧いただきたい。

追伸:レポートには、作品への反響が賛否両論ともに載っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう、冬?

 数日前だったか、白麒麟CMが流れていた。作品中、「冬季限定」の文字と、「今だけ」という言葉。
 もう、冬? ああ秋のあっけなかったことよ。いや、立冬もまだなのに。これぞ予想GUY。

 本家の? SoftBankはもはや「予想GUY」が作品の中心に。じわじわきているような気もするけれど、メインに出してしまった以上、これ以降の展開には一段階上の面白さが求められる。3Gで遅れているが、巻き返せるのか。

追伸:予想GUYなこと、いや違った、予想外なことは、そうそうたくさんあるものではないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

44444通過

 2日ほど前のこと。ふと見たら、アクセスカウンタが44445に。

 踏んだ方に拍手。アクセス解析見ればわかるけれどもちろん書かないよ。

追伸:例えば、99999と100000、踏んでうれしいのはどちらだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

何かの間違い?

 J1の甲府対広島の試合結果。僕がこれを見た夜8:30の時点で、両チームのスタッツは次の通りだった。左から、甲府、項目名、広島。ちなみに試合は1-0で甲府の勝利。

1 シュート 0
0 直接FK 0
0 間接FK 0
0 CK 0
0 アシスト 0
0 オフサイド 0

 いくら何でも、こんな試合はないよね。何かのエラーかな。
 その後、映像で決勝点がCKからであったことを確認。さらに、しばらく後に見たら訂正されていた。よかった。

 ところで、順位表を見ていただくとわかるが、26節終了時点でVF甲府は10勝4分12敗。負け越しは2つなのに、得失点差は-18。なぜこんなことが、とリーグ表を見ると、10勝のうち1点差勝ちが7試合もあるのに対して、12敗のうち1点差負けはたったの1試合。これはどう解釈すればいいのか。

追伸:この試合の笛を吹いたのは、あの上川さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

barの雰囲気、のはずが

 今、この追伸工房で使っているデザインはこれ。説明画面には、タイトル部分にボトルが並ぶ映像がある。ところが、僕が見るとそこには何もない。ブラウザの設定は多分大丈夫なはずなのに。
 ここを見ていただいている皆さんには、ボトルは見えているのだろうか。

追伸:僕には似合わないと言われるのは承知の上で。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

タイミングが悪い? 運が悪い?

 僕はそれほど携帯を使わない。できれば持ちたくないと思っているくらい。何回も書いているかもしれないけれど、一番役立っているのは、自宅へのメールを件名と差出人だけ携帯に転送して、急ぎのものはすぐに対応できるようにしていること。パソコンに向かえなくても最低限の用事は何とかなる。
 そんな使い方だから、無料通話分を使い切ることはほとんどなかった。

 ところが、僕が使っているauに無期限くりこしが導入されて以降、なぜか用事が集中して、無料通話分をオーバーしてしまう。もっと早く導入されていれば繰り越されていた分も当然使えず、何だか損した気分。でも、今後は以前のような使い方に戻るはずだから、プランはそのままの予定。

追伸:プロフィールの写真は、今の携帯の飾り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり、違いのわからない男

 職場の女性陣の会話。インスタントコーヒーの詰め替えが、瓶のサイズと合っていないので、1回で全部を空けることができず、封を切ったものを袋に入った状態でしばらく保存しているとのこと。もちろん、開けっ放しではなく、できるだけ密封に近い状態で、余った分を保存している。そのコーヒーはブレンディ。
 その話を聞いていた僕が一言、

「あれ、サイズ合わないの? CMで水野さんがトントンってちょうどぴったり入れているよね」

「…それはマキシムですね」

 ああ、あろうことかCMを間違えるなんて。ショック。原田さん、水野さん、ごめんなさい。やはり、僕は違いのわからない男、なんだなあ。

追伸:最近は午後の一杯目は眠気覚ましにコーヒーを飲むことが多い。それで胃にくる時は調子が悪い時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MNPとは?

 たくさんのvodafoneの文字が次々にSoftBankに変わっていくCM。このシンプルさは、余裕と自信の表れか。まさか、打つ手がわからない、ということではないだろう。MNPに向けての競争はすでに始まっているけれど、いよいよ出揃った、という感じ。
 ただ、MNPが始まることは知っていても、メールアドレスが引き継げないことを知らない人が僕の周りに結構いて、ちょっとびっくり。僕の勘違いか? と思ってしまったほど。僕の場合は、しばらくは他社に移るつもりはないし、僕自身の携帯のアドレスは重要ではないから、ほとんど影響はないけれど。

 そのうち、もっとMNPの話題が出るようになる。当然「MNPは何の略?」と聞かれる。今のうちからいいボケを用意しなくては。
 用意しても使われなかったネタもある。「USBは何の略?」に対する「うっそーばかみたい」のように。

追伸:ドコモユーザーの迷惑メール対策としての非常に長いアドレスを見るたびに、大変だなあ、と思う。auの僕にはほとんど来ていない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

正直なところ、物足りなさを少し感じる

 2006 46th ACC CM FESTIVAL 入賞作品リスト。総務大臣賞/ACCグランプリは、

ライフカード「カードの切り方が人生だ」

 そう、あの作品。確かに面白いし、カードを女性に持たせるアイデアもいい。webへの誘導も、単に検索窓に社名を入れるだけのものとは雲泥の差。
 ただ、グランプリを持って行かれたとなると、ちょっと引っかかる。以前からある作品を完成形にまで高めたという点で一定の評価はするし、この作品自体に何も言うつもりはないけれど、もっと違う何かが出てきてもいいのでは、と思ってしまう。飛び抜けた、突き抜けた、そんな作品にグランプリを掻っ攫ってほしいな。

追伸:引き続き上位にいる伊右衛門は、さすがだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

な、何で?

 通勤定期を買った。スイカだけれど、9/30まで有効な定期が切れて、10/1は使わないので飛ばして10/2からの6か月にするため、窓口で買った。

 すると、定期券とともにゼブラの蛍光ペン3色セットが出てきた。

 何で? 今までこんなことなかったよ。それとも、自動券売機で継続で買っていたから今まで受け取れなかっただけ?

 サービスというか粗品というか、よくわからないけれど違和感がある。

追伸:何年か前、特急列車に乗っている時にアンケートの依頼があって用紙とシャーペンを渡され、そのシャーペンはそのままお受け取りください、ということもあった。この時以来の違和感。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1日勘違い

 凱旋門賞は日本時間の2日ね。僕は今日だと勘違いしていて、午前0:30だということは憶えていたから、テレビ欄を見てもその記載がないなあ、おかしいなあ、と思っていて。でもレース直後はネットも重くてつながらなくなるのかなあ、と心配していて。
 よく考えれば、現地で日曜日のはずだから、日本時間の今日午前0:30ということはないのだけれど。

追伸:NHKが地上波でも放送。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »