« 今年の総括CM編 | トップページ | では、どうするか? 僕たちが問われている »

札幌の「元日・国立」は見えたか

 先日の天皇杯の準々決勝。当日行われた4試合のうち宇都宮徹壱さんはどの試合を取材しただろうか、気になっていた。カード的には甲府対札幌を選んでもらえるかもしれない、と期待していた。

 そして、コラムを見つけた。うれしかった。もちろん、甲府も札幌も読者にとってそれほど事前情報があるチームではなく、説明にある程度の行数を割くのはやむを得ない。試合内容についてもっと触れて欲しいところだが、それは贅沢というものだろう。当日の観戦時に感じたことと柳下監督のコメントが一致していたことを知っただけでも、ありがたいと思わなくては。

追伸:札幌のGKが、あの市立船橋が戦ったPKのゴールを守っていた選手だとは知らなかった。

|

« 今年の総括CM編 | トップページ | では、どうするか? 僕たちが問われている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32588/13211613

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の「元日・国立」は見えたか:

« 今年の総括CM編 | トップページ | では、どうするか? 僕たちが問われている »