« おつかれさま、岩本選手 | トップページ | 60円 »

2年連続は3社

 CM総合研究所による、06年の産業20分野別No.1ブランドとCMブランディング評価のベスト10(こちらを参照)が発表された。ベスト10中、通信業界が4作品というのが目立つ。他は電気とガス、飲料2つ、資生堂にシャープという顔ぶれ。3ジャンルで8社を占めているというのはやや寂しい気もするが、飲料以外の2ジャンルは例年になくCMが豊富だったと思うので、妥当と言えるだろう。

 これを05年の今年を代表するCM大賞10傑と比べると、何と、株式会社NTTドコモ・大塚製薬株式会社・シャープ株式会社は2年連続。すばらしい。
 ただ、一方で10作品どうしを比べると、CMのCMを除いては05年の方がやや層が厚く感じられるのが残念なところ。

追伸:僕独自の総括は年内に1記事書く予定。

|

« おつかれさま、岩本選手 | トップページ | 60円 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2年連続は3社:

« おつかれさま、岩本選手 | トップページ | 60円 »