プロの仕事

 電話回線とADSLのことで、NTTの窓口に行った。
 対応してくれたおじさんは、説明に無駄がなかった。よくあるケースだったかもしれないけれど、短時間で必要なことが全て聞けた。「おじさん」は失礼か、では「おじさま」にしよう。
 興味深かったのは、電話+ADSLとADSLのみとで後者の方が基本料金が高かった件。理由を聞いて納得。当たり前かもしれないけれど、面白かった。

追伸:そのすばらしさを実感したのは、携帯電話を扱う別会社の窓口で同様の質問をした時、対応にあまりにも差があったから、というのは内緒である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両面印刷

 3頁の資料を、両面印刷で2部欲しい。コピーをとるよりも2部打ち出した方が早い、と思ってプリンタから出力。印刷画面で「部単位で」にチェックを入れておいた。

 すると、「1・2頁」の次の紙が「3・1頁」となって、「2・3頁」と続く。全部で3枚。
 いや、僕が欲しいのはそうではなくて。これでは2部にならないよ。

 僕の捉え方が変なのか、設定を何か間違えたのか。何がいけないんだろう?

追伸:職場のコピー機がすぐ壊れてしまうために信頼できないから打ち出し重視、というのは内緒である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期間延長のつもりが

 年に1回、更新サービスを延長するために手続きが必要なソフトがある、1年間分の権利を購入することになる。
 今年もその時期がやってきていて、申し込むためにそのサイトにアクセスしたところ、僕が持つバージョンは延長は終了、すなわち不可で、最新版の製品を買ってね、とのこと。
 サポートに期限があるのは仕方ないけれど、それなら、予め送ってきたメールの時点でその旨書いてくれてもいいのに。どのバージョンを使っているか、登録してあるはずだから。
 まあそれはいいとして、予定では作業にわずかな時間しか見込んでいなかったのに、一通りのインストールが発生したのでとんでもない長時間になった。でも無事終了したのでほっとしている。

追伸:このパソコンも買ってから4年半以上。長い、かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未読消化

 昔は良く使った言葉。ニフティのフォーラムなどで、まだ読んでいないところを読む作業。過去を全て読まなければならないわけでもないけれど、その頃はかなりの時間を割いていたし、できるだけ読んだ上で参加したかったので、中途半端な未読は残さなかったように思う。全く読まずに諦めるか、可能な限り読むか、その場所ごとに分けていた。

 今の僕にとっての課題はblogの未読消化。でも、2ヶ月前のものまではさすがにさかのぼれないし、知人・友人のblogを全ては読み切れない。不義理を申し訳なく思いつつ、3か所ほどに絞って、現在アクセスして表示される記事までと決めて、未読消化したことにする。ここから新たなスタートとして。

追伸:読む量としてはフォーラム全盛期の方が多かったように思う。さらに週に1~2回はチャットもしていた。よくそんな時間があったものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近調子がいい

 迷惑メールを自動的に振り分けてくれる機能が、ここのところ上手に働いている。約300通のメールを、必要なメールと迷惑メールに完璧に分離。すばらしい。この調子で今後も頼むよ。
 以前からも何度か「調子がいい」と書こうとしていたけれど、そう思ったとたんに精度が落ちるというパターンを繰り返していた。ちょうどテレビのスポーツ中継で解説者が選手をほめた瞬間にミスをするように。でも今回は良さが違う。偶然かもしれないけれど、この状態は非常にありがたい。

追伸:そういえば上場以降株価を追いかけていない。もちろん買うつもりはないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わかりやすい行動

 職場の上司のパソコンが突如不調になった。様子を見たがどうにもならず、セーフモードにも持ち込めない。結局、入院することになった。これで、部署内でほぼ日を同じくして立て続けに2人。その様子を見て、

 みんないっせいにバックアップに勤しむ。何というわかりやすい行動だろう。でも、確かに、今日しなければしばらくはそのままになりそうだが。

追伸:前の日には何ともなかったのに。でもそんなものよね、不調になる時って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数千円

 何の文脈もなく「数千円」という言葉を見て、何円くらいを想定するものだろうか。

 職場の若手から、「ひざがわりさんはパソコン詳しいですか?」と聞かれた。新規にパソコンを買い、家でネットをするにあたって月々の費用がどれくらいかかるか、知りたいらしい。彼は確か20代だ。僕より詳しい人が周りにいるのでは、とも思ったけれど。

 話をしてみると、僕への聞き方から想定された内容でほぼ合っていた。加入電話は不要、特別な用途があるわけではない、プロバイダもどこでもいい。そうなると、ADSLとプロバイダをセットにして適当に選べばよいはず。キャンペーンを上手に利用して。
 それを踏まえて、「1万円くらいですか?」と聞かれて、僕は「数千円で大丈夫だよ」と答えた。コースにもよるだろうし、それほど間違った表現ではないと思うけれど、数千円とはいくらだろうか。

追伸:来春に引越しがあるかもしれないので、ネット導入はその後にしたいとのこと。じっくり選べるね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メールが読めない

 サーバにつながらず、メールが読めない状態が続いている。
 ココログの不具合はお知らせココログで見ることができるけれど、メールにはそういった場所もないし。そもそもプロバイダ側に原因があるのかどうかもわからないけれど。困った。

追伸:こういう時に限ってすぐ対応しなければならないメールが届いているから困る。それがわかるのは件名等を携帯に転送しているから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ニフティ上場

 最近は投資に関する情報にもほとんど接していない。ネット上のニュースで話題になれば知っていると言う程度。だからmixiの騒ぎは見た。
 そんな状態だから、ニフティの上場を知ったのはつい最近のこと。興味も特にないけれど、今さら、という感じもする。いや、満を持して、と言うことか。少しは落ち着いた値動きになるのだろうか。

追伸:言いたいことがあるユーザーはたくさんいるだろうが、株主と言う行動に結びつくかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皮肉な振り分け

 迷惑メールを自動的に振り分けてくれるサービスがある。かなり精度が高い。件名等だけを携帯電話に転送している僕にとっては、余計なメールが転送されないだけでもありがたいサービスだ。
 ところが、この振り分けが過剰に働いてしまうことがある。友人からのメールで迷惑メールではないのに振り分け対象になってしまうことがある。もっとも、携帯電話からの数行のメールなどはそれも仕方ない面もある。また、予め登録したアドレスが振り分けを免れる機能を使う手もある。だから、過剰な振り分け自体はそれほど問題視していない。
 ただし、その振り分けられたメールが、

自社発のメール

というのはどうなの?>@nifty

追伸:同様のメールは毎週送られているが、振り分けられたのは初めてのはず。

| | コメント (6) | トラックバック (0)