<10代のあの頃:12>あるゲームメーカー

 僕は、家庭用ゲーム機にはあまり縁がない。小さい頃、ソフトを差し込んでいろんなゲームができるタイプのものは、ファミコンもカセットビジョンも家にはなかった。あったのは、それ以前の、固定された数ゲームしかできない機種だけ。そんな僕にとって、ファミコンは友達の家で遊ぶものだった。
 それよりも、数ヶ月に1回程度しか行かないゲームセンターの方が印象に残っている。

 当時、僕にとって、ゲームはナムコだった。O-Maruさんが紹介されたこのLPプレゼントの対象にわざわざ指定したりALL ABOUT NAMCO ナムコゲームのすべてという本を買ったりしたほど。
 ゲームバランスがよく、詳しく知らなくても1回目に遊ぶ時にもそれなりに楽しめて、そして音楽も良かった。もちろんそれはナムコだけではないけれど、そんなゲームは安心して遊べた。たくさん遊んだのは、ギャラガ、ニューラリーX、パックランド、メトロクロス… 挙げていくとキリがない。そのナムコが50周年。オールドファンとしては感慨深いものがある。

 NAMCO 50th Anniversary

 ナムコに続いて挙げるとすればタイトー。こちらもゲームヒストリーで過去の名作が紹介されている。もちろん、最初に触れるべきは78年のスペースインベーダーだろうが、残念ながら僕はこのブームには年齢が間に合っていない。
 ここで1つ選んで紹介するとすれば、86年のバブルボブル。泡を吐いて敵を閉じ込めて、その泡を破壊すると敵をやっつけることができる。バブル崩壊という言葉がない時代の作品。
 職場から歩いて15分ほどのゲームセンターにまだある。その方面に行く時はついつい時間を使ってしまう。この作品の音楽もシンプルながら心地よい。

 O-Maruさんは、上記リンク先で、最近のゲーム音楽について
>>最近のゲームは、家庭用のPS2とかしか知らないけど、ごく普通の楽曲をバックに流すだけというものが多くなって技術的には凄いと思うのだけど、聴かせるための創意工夫というのが以前のものより無くなってなんだか面白くない。制限のあるところにこそ、輝くものが生じてくる、そんな気がする。
と書かれていて、一方で「ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック」については
>>ピコピコの単調な中にも大きな世界を繰り広げられると云う驚きの事実がここにある。
と書かれている。そのとおりだと思うと同時に、音楽だけでなくゲームそのものにも似たようなものを感じる。
 もちろん、最近のゲームの凄さは認めるし、簡単には比較できないとは思う。でも、うまく説明できないけれど、高度化や取っ付きにくさを差し引いても、最近のゲームには惹かれない。

追伸:遊びをクリエイトするのがナムコで、頭を科学するのがジャレコ、「キャッチ・ザ・ハート」がタイトー、セガのフレーズは憶えていないが、CMの最後に「セーガー」という音声があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買ったレコード&CD

けろちゃんさんのTB企画より「初めて買ったレコード/CD」
・初めて自分のお金で買ったレコードorCD
・最後に買ったレコード
 この2つをまとめて答えるのは、多分同じだから。いや、正直なところ正確に答える自信はないけれど、レコードの時代、ほとんど買っていないのは間違いない。
 うちにはプレーヤーがなく、中学時代に友達と2人でよく通ったのはレンタルレコード屋。近所にもっと大きな同業の店ができてつぶれてしまったけれど、アットホームな感じだった。借りた2人分のレコードを友達の家でテープに落とす。友達とは趣味が違うので借りるレコードも全然違う。いろいろな曲を聴く貴重な機会。その友達のおかげで、ファンでもないのにおニャン子には詳しくなった。
 話を戻すと、プレーヤーがないのでレコードを買うという発想がない。ただ、家には何枚かレコードがあった。そのうち一部はラジオ番組への投稿の賞品。毎週土曜日放送の番組で、その日のベスト4に選ばれるとシングルが、月間の2枚に入るとさらにLPがもらえる。月間の賞は1回しかもらったことがないけれど、LPは2枚持っていた。ということから1枚は買ったことになる。と考えると、多分、

「ナムコ・ゲーム・ミュージック2」(アルファレコード)のはず。

 なんじゃそりゃー! って思うでしょ。まず「ナムコ」を知らない人も多いはず。老舗のゲームメーカーで、昔で言えば「パックマン」が有名。ファミコンの野球ゲーム「ファミリースタジアム」もそう。ゲームセンターでも有名ゲームがいろいろあるけれど、最近だと何なのかなあ。ちょっと調べておくことにして。
 当時、今ほど家庭用ゲーム機はいろいろなくて、というよりファミコン一人勝ち状態で、ドラクエの2か3の頃。当時から私はゲームセンター派で、ナムコのいろいろなゲームの音楽を集めたアルバム。2を買ったということは、1は月間の賞でもらった、ということ。
 なぜ月間の賞でそんなアルバムをもらったのか。理由は単純で、見つけるのが難しいから。少なくともレンタルには置いていないと思ったから。少なくとも、ゲームのLPというのは異色だったと思う。で、1が良かったから、2も欲しくなって、自分のお金で買った、と。
 ちなみにシングルではピカソの「サヨナラの素描(デッサン)」という、テレビの「めぞん一刻」のエンディングテーマ曲のレコードをもらっている。やっぱりレンタルにはなさそうな曲… でもないかな?

・一番最近に買ったCD
 大学時代もCDプレーヤーを持たず、就職してからCDラジカセを買い、すぐに中古店でCDをまとめ買い。主にシングル。それが何回か続くが「買ってもそれほど聴かない」ことに気付く。ラジオをよく聴くようになって、投稿してたまに賞品をもらうようになったから。
 その後しばらく買わなくなり、たまに衝動買いする程度。で、一番を含めて最近買ったものをいくつか挙げてみる。いずれも、珍しく、予め買おうと思っていたもの。

 ジョー・リノイエ「シンクロナイズド・ラブ」 ご存知? 武富士のCM曲のシングル。ちなみにCMで流れている部分以外はほとんど日本語の曲。これ、オリジナルが95年、「多方面からの多数のリクエストに応え、遂に再リリース」したのが00年。で、僕が買ったのが03年。なんじゃそりゃー! って思うでしょ。やっと買ったら流れなくなっちゃうし。

 「chai」 サントリーの烏龍茶のCM曲を集めたアルバム。歌詞にはカナがふってあります。でも「いつでも夢を」が入っていないのはなぜ?

 「音椿 ~the greatest hits of SHISEIDO~」 資生堂のCM曲を集めた2枚組のアルバム。懐かしい曲から最近のものまで入っている。

 ちなみに、中古店で買った中にはもう何年も前の「サントリーCM曲メドレー」のシングルもある。赤玉パンチからモルツまで、いや、トリスから鉄骨飲料まで、盛りだくさん。

 …長文になってもうた…

| | コメント (4) | トラックバック (1)