おつかれさま

 今日、円楽師匠が笑点を卒業した。三波さんの司会も記憶にはあるけれど、僕にとっては笑点のほとんどが円楽師匠の司会。
 実は今日も仕事に行っていて、録画した番組をまだ観ていない。それでも言おう、ありがとう、そして、お疲れ様。

追伸:歌丸師匠が解答者にいる姿が見られないことも残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10人の女性

 買ったレコード&CDでも書いた、資生堂の音椿紅盤
白盤、もちろん僕は両方持っている。
 ここでも予告したが、その資生堂のTSUBAKIのCM。商品名からも、CMの曲からも、そして起用している女性陣からも、意気込みの違いがわかる。この6人の女性が、それぞれ短いながら語っているビデオが、ホームセンター内の目立つ場所で流れていた。普段はビデオなどない場所。これも意気込みの違いか。
 ただ、それほどボリュームが大きくなく、すぐ近くで聴かないと内容がわからない。誰も見ていないとはいうものの、どうしても視線が気になるので、その場で聴くのはあきらめた。どうやら上記URLで見ることができるらしい。
 6人も並ぶと、さすがに存在感にバラツキが出てきそうなものだが、みなさんはどう思われるだろうか。

 マキアージュの4人を加えると10人。何とも豪華だ。マキアージュで流れている曲は、CMで使われている部分だけの印象では、インスト曲でも十分とも思えるインパクトを持っている。ボーカルが入った曲だと知って驚いたというのが正直なところ。

追伸:マキアージュは、「ハル」の続きのフレーズをどうするのか注目だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あんな形で見納めになるなんて

 昔の漫才の映像が出てきたCMについて触れたのは、2ヶ月ちょっと前。その時に、こんな事態など考えてもいなかった。もちろん、偶然だろうと思う。関係ないとは思う。でも、あまりにもタイミングが。

 御冥福をお祈りします。

ジョージアCM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然観たテレビで

 マシューと共演した、3年半前のあややの映像が出ていた。当時15歳。

続きを読む "偶然観たテレビで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ襲名

 ここではあまり書いていないけれど、漫才やコントだけでなく落語も好き。東京にいた頃は女性を誘って寄席に行き、めったに行く機会がないから、と喜んでもらったこともある。もちろん1人でも何度も行っている。社会人になってからも、上京の折に時間があれば行くようにしている。
 それなのに、大事なことを書くのを忘れていた。

続きを読む "いよいよ襲名"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

年末、で思い出したこと

 年末の楽しみ、一つ忘れていた。M-1。
 でも今年はどうなるんだ? あの人がいなくなってもやるんだろうけれど、でもなあ。

追伸:今年も好勝負を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お笑い

 小田和正さんの「恋は大騒ぎ」によれば、恋をすればいっぱい泣けていっぱい笑える。でも、けろちゃんに恋をオススメするわけにもいかないので、ちょっと考えてみる。
 瞬間的な笑いはやはりCMから。
 例えば、auの、仲間さんの髪型にしてもらっている客がずらっと並んでいる美容室。ある程度予測されるオチだけれど、良く見ると仲間さん本人だけではなく男性までいるところがミソ。これが何百人も並んでいたらもっと面白いけれど。
 もう一つ挙げるとすれば、ゴンα。ミュージシャン沢口靖子さんがメインで商品を邪魔扱いするという本末転倒。ゴンがひねってくるのは今に始まったことではないけれど、気が付けば沢口さんもゴンのCMが結構長い。

 僕にとっては、漫才ブームは憶えてはいるものの本格的に理解しうる年齢ではなかった。漫才やコントなどのネタを観る機会は、今が結構恵まれている時期だと思う。ネタ披露番組の収録に行ってボールを入れてきたこともあるけれど、生の迫力は違うし、思いっきり笑えた。
 でも、その一方で、頭数を集めておいて後は現場の司会者の料理方法に任せる、というスタイルの番組が目につくのも事実だ。ネタ披露番組以外で、きちんと笑いを作って見せるという番組が欲しい。そう、昔の全員集合やひょうきん族のように。
 寄席で披露される落語のあらすじを結構知っていても、名人芸はしっかりと笑わせてくれる。何度も見ているはずのやすきよの漫才もそう。そういった意味で、ひょうきん族のDVDは期待を裏切らないと思う。だからけろちゃん、期待して観てくださいね。

追伸:僕は美容院と美容室が同じものか違うのかわかっていない。やはり、違いのわからない男。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ファンレター、書いたことありますか?

 眞鍋かをりさんがニフティのココログを書いている。中には、「まさみほうそう」はさすがにネタでしょと思うものもあるけれど、本人曰くほぼ事実を書いているとのこと。読んでいて面白い。
 記事中のこの写真この写真も、画面左上のプロフィール写真と結び付かないのは僕だけ? 言われなければ眞鍋さんだとはわからないと思う。ちなみに、初期のプロフィールには「グラビアアイドル」と書いてあったけれど、今はその表記はない。

 ところで本題。歌手やタレントやスポーツ選手に、ファンレターを書いたことがある人はどれくらいいるのかな。
 僕はない。そこまで熱烈なファンということがなかったし、書いて送ったところで「one of them」になってしまうだろうと思うと止めてしまいそうだ。忙しいと読んでくれるかどうかも心配だ。多分本人が食べることはないのにバレンタインデーに男性有名人(ジャニーズ所属の方など)にチョコを贈る、というのは僕には想像がつかない世界だ。
 ただ、メールでのファンレターが増えているはずだから、手書きで出せば、それなりに印象に残るのかな、という気はする。特に書きたい有名人もいないけれど。

 強いて言えばこのTBがファンレター代わりかもしれない。眞鍋さんはTBをできるだけ読むようにしているとのこと。でも、更新もままならない状態ではやっぱり読んでくれるかどうか心配だ…
 だって、12日の1記事に対してTB400だよ。そんなに読めないって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)